冬支度
2010.11.19

本によりますと野外飼育は水が凍らない限り大丈夫とあります

しかし、皆さんのメダカサイトを見せて頂いている内に不安な気持ちが増幅、何とかしなければと言う考えが・・・ そう言えば最近餌をやってもほとんど食べない、絶食状態で本当に春まで大丈夫?

二つしかないプラ船ですが、一つだけにヒーターを入れることにしました、メダカには申し訳ないのですが、自然のままのものと過保護のものとで一冬実験することにしました。

注文したヒーターなどが届きましたので早速作業開始です。
c0218319_18423620.jpg

最初はヒーターとブクブクで考えていたのですが折角だからブクブクに底面濾過装置を加えることにしました。

立ち上がっているプラ船に底面濾過装置を設置するのはなかなかうまくいきません、底に敷いた赤玉土をネットですくい出しバケツに一時保管、赤玉土の中で何かうごめくものが、なんと「ヤゴ」が居ました、合計6匹 他の場所の底土を掻き出せばもっと居るかも知れませんが作業が大変なので止めました、面倒ですが明日池までヤゴの放流に行ってきます、やれやれ。
c0218319_192637.jpg


一応セット出来ましたので試運転
c0218319_190377.jpg

ブクブクのパワー不足なのか濾過装置に赤玉土が入ってパイプが詰まったのかよく解りませんが水が上がってきません、急遽パイプを短くカット、チョビチョビですが水が上がってきました、メダカには水流は良くないらしいなのでチョビチョビでいいか、濾過は期待できませんが初期の目的は温度差をなくすための攪拌だったので良しとしました。

プラ船の周囲を発泡スチロールで囲いました。
c0218319_19131456.jpg


ヒーター15度にセットして通電、暫くするとヒーター付近にメダカが寄ってきました。
c0218319_1916032.jpg


PR 姉妹サイト「デジ絵の風景」へ是非お越し下さいませ



にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ

[PR]
by watashi23 | 2010-11-19 19:25


<< 水が透明に 悲劇のプラ船 >>